本文へスキップ

☆☆☆ 多岐にわたる専門分野について楽しみながら研究ができる ☆☆☆

入試関連のお問い合わせはTEL.0120-60-2455

〒770-8514 徳島県徳島市山城町西浜傍示180

前期課程 授業紹介

文化と地域

 授業名  地域文化史特講T,U、地域文化史演習
 担当教員名  教授 濱田 宣
 研究内容  地域の寺院や仏堂等に伝わる仏教美術−仏像・仏画−の悉皆調査による記録保存は、地域文化史を解明する上でその一助となる 重要なことであるが、十分に行なわれているとはいえない。そこで本講では、仏教美術の調査記録・分析方法等を学習した上で 悉皆調査を実践し、地域文化史研究の観点から仏教美術を考察していく。

 授業名  都市地域学特講T,U、都市地域学演習
 担当教員名  教授 清水 真一
 研究内容  身近に残る歴史的な都市や地域(集落・町並)を事例として、社会経済的背景と立地環境、都市構造、景観、建築形態を分析する。 それを通して、都市や地域の成立過程と今日に至るまでの歴史的な変遷過程を分析する研究方法を学ぶ。さらに、都市・地域に おける歴史的な資産の保存と活用を通じた地域づくりの方法を身につける。

 授業名  地域地形学特講T,U、地域地形学演習
 担当教員名  教授 古田 昇
 研究内容  瀬戸内沿岸と日本海および太平洋沿岸における各地に発達する様々な種類・規模の平野をとりあげる。その際、地形環境・地質・堆積環境と 形成プロセス、微地形と遺跡立地との関係をミクロに分析し、平野のおいたちと人間活動との関わりを考える。ハザードマップ・ GIS(地理情報システム)演習やフィールドワークも行なう。

 授業名  言語文化史特講AT,AU、言語文化史演習
 担当教員名  准教授 下田 祐輔
 研究内容  「日本の霊性と文学」をテーマとし、東洋の精神文化をバックボーンとしつつ独自の詩境を拓いていった先人の著作 (例えば良寛自撰詩集『草堂集』)を新たな視座のもとに詳細に読み解く。関連する和漢洋の文献を渉猟しつつ読み込み、 それらの中に脈々と息づいている人間の心の神髄について探究を深めてしいく。

 授業名  言語文化史特講BT,BU
 担当教員名  准教授 近藤 政行
 研究内容  源氏物語と今昔物語集とを資料として、出来事の叙述がどのように行われるのかについて考察する。 当然、助動詞「き」「けり」の問題も扱うことになる。物語や説話の叙述が映画などの映像表現とどのように異なるのかにも言及したい。

 授業名  地域考古学特講T,U、地域考古学演習
 担当教員名  教授 大久保 徹也 
 研究内容  今日、原始・古代社会の分析に限らず歴史研究のより広い領域で考古学研究が効力を発揮している。ただし考古学研究の成果を有効に 活用するためには資料の特性とそれに応じた分析方法を熟知するこ とが必要となる。本講ではこの観点から具体的な研究事例を参照しつつ、 実践的な考古学研究法を検討・考察する。

 授業名  地域史特講T,U、地域史演習
 担当教員名  教授 橋詰 茂 
 研究内容  中世後期から近世初頭にかけての、瀬戸内海地域における歴史的な地域の歴史的環境や社会構造を検証することにより、瀬戸内海地域の特質を明らかにする。 そしてそれが中央権力体制にどのような影響を及ぼしたかを追求するとともに、地域からの視点で中央史のあり方を考察する。そのために現地調査を実施し、 歴史的史料の発掘と保存・活用の方法論を学ぶ。

 授業名  地域情報論特講T,U、地域情報論演習
 担当教員名  准教授 原田 耕太郎
 研究内容  地域の特性や文化を理解するには、どのような情報をどのように利用するのかという課題を避けて通ることはできない。本講義および 演習では、研究例の精読を通して、研究や調査の目的に応じた情報の収集、分析、解釈という一連の手法に関する理解を深める。

 授業名  言語情報論特講T,U、言語情報論演習
 担当教員名  教授 生田 和重 
 研究内容  いかにすれば自分の考えを他人に分かりやすく伝えられるかは、言語が発祥して以来、脈々と引き継がれてきた命題である。 これに答えるため、言語情報の処理メカニズムに関する多くの研究が行われている。これらの研究を参考にしつつ、 人間の言語情報処理について学習するとともに、言語を統計的に分析する手法を身につける。

 授業名  比較文化特講T,U、比較文化演習
 担当教員名  教授 篠田 裕 
 研究内容  日本文化を理解する上でのキーワードの一つである「ウチ・ソト」という概念およびその関連概念を手掛かりにして、 それが言語を中心とした文化のいくつかの面にどのようにかかわっているかを考察する。それを通じて、日本と西洋の文化の類似点や相違点を探っていく。

言語・文学と地域

 授業名  国語学特講T,U、国語学演習
 担当教員名  准教授 青木 毅
 研究内容  近年の国語学に関する研究論文を批判的に読みながら、その資料・ 方法・成果を検討する。また、実際の文献資料から問題点を 見出して調査・研究を行うことにより、国語学の研究方法を学ぶ。これらの講義・演習を通して、論文作成の方法・技術の習得を目指す。

 授業名  英語学特講BT,BU、英語学演習
 担当教員名  教授 伊藤 徳文 
 研究内容  英語表現を正しく理解するには、言語体系としての英語規則を認識するだけでなく、英語話者の心理状態と談話・発話状況の理解が必要不可欠である。 すなわち、言語体系としての英語の意味的側面と談話状況に影響される語用論的側面の認識が必要になってくる。 よって本講義では、この2つの面から英語を分析していきたい。

 授業名  日本文学特講AT,AU、日本文学演習
 担当教員名  教授 佐々木 亨 
 研究内容  幕末維新期における新聞の発生から成長までを、東京と大阪各々に目を向けながら、文学と歴史の両面から考察する。特に連載小説の 先駆的な存在であるつづきものについて、明治十年の西南戦争を境にしてどのように変貌を遂げてゆくのかについて、 実際の記事に基づきながら追求してゆく。加えて大阪の先進性についても考える。

 授業名  日本文学特講CT,CU、日本文学演習
 担当教員名  教授 上田 穗積 
 研究内容  日本近代文学における<私(わたくし)>の問題を考える。最終的には、志賀直哉のテクストを分析することを目的にしているが、 その課程において、日本近代文学の歴史における<自己表象>の問題についても考えていきたい。

 授業名  日本文学特講DT,DU、日本文学演習
 担当教員名  教授 中山 弘明 
 研究内容  明治から大正期の様々な文学言説を、それが書かれた時代に注意しつつ読む。その際特にく戦争>と文学の関係を重視したい。 日清・日露戦争、そして第一次大戦などがそれになる。具体的には政治小説、二葉亭四迷から漱石・鴎外、さらには宮沢賢治あたりまで視野に入れたい。 また絵画、写真、映画などもとりあげる。

 授業名  英文学特講AT,AU、英文学演習
 担当教員名  准教授 中島 正太
 研究内容  シェイクスピアから現代まで、英文学の発展に大きな影響を与えた詩や短編を一語一語英文で丁寧に読み、そこから得た自分の考えを英語で書いたり 発表したりすることで、研究者としての基礎を固める。またジョイスやイシグロなど,英国出身でない英語作家について考察することで「『英文学』から 『英語文学』へ」という時代の流れを読み解く。

 授業名  言語学特講T,U、言語学演習
 担当教員名  教授 阿部 晃直 
 研究内容  英国(イングランド)の英語教育政策を研究する。まずTではナショナル・カリキュラムにおける英語教育を詳しく検討する。 その後Uで英国に於ける英語と社会との関係を通時的に概観する。本講義を通して英国の言語と政治/社会の関係について探究し理解を深める。

information

大学院文学研究科

〒769-2193
香川県さぬき市志度1314-1
TEL.087-899-7100
FAX.087-894-4545
E-mail
bunjimu@kgw.bunri-u.ac.jp